グレイズアナトミー6 WOWOW オンライン

海外ドラマNAVI

NEWS

COLUMN

ABOUT グレイズ・アナトミーについて

CATEGORY カテゴリー

WRITER ライター

ライター画像HB
シアトルでハチドリの餌付けをするのを夢見る30女。


ブログ引越しのお知らせ

「グレイズ・アナトミー10」が7/23(水)スタート!

第10シーズンからはブログをこちらに変更することになりました。
今まで同様、放送終了後に毎週更新します!
引き続きチェックをお願いします!

新ブログをチェック >>

2014.6.30|お知らせ|コメント(0)トラックバック(0)

12月18日(水) #24「嵐の出来事」

24嵐により停電し、発電機も動かず混乱を極める院内。医師たちは暗闇で治療に当たることになる。出産が始まったメレディスは、胎児が反屈位だったため帝王切開を受ける。男児は無事に産まれるが……。一方、リチャードはオペに復帰できないベイリーに代わり、屋根から落ちた男性のオペを行う。患者が心嚢液貯留だったためにクリスティーナを呼ぶが、暗闇の中のオペでは、さすがの彼女もなかなか出血源を突き止められず……。

続きを読む >>

2013.12.18|グレイズ・アナトミー9、ストーリーガイド|コメント(1)トラックバック(0)

12月11日(水) #23「無防備な心」

23シアトルに巨大な嵐が接近中との予報に、病院は万全の態勢を整えるべく準備を開始する。そんな中、アレックスは、ジョーと殴り合ってケガをしたジェイソンを病院に担ぎ込み、デレクに診察を依頼する。一方、イーサンの父親はいまだに意識が戻らないまま。里子に出されることを心配するイーサンの姿に心を痛めたオーウェンは、彼を養子にすることを検討し始める。エイプリルは体に鉄骨が刺さった建設作業員をオペすることになるが……。

続きを読む >>

2013.12.11|グレイズ・アナトミー9、ストーリーガイド|コメント(0)トラックバック(0)

12月4日(水) #22「失われた誇り」

22ERに胴体が切断された女性ケイラが搬送されてくる。彼女はマジシャンのアシスタントで、胴体切断のマジックを実演中、誤ってチェーンソーで腹部を切断されたのだ。メレディス、リチャード、シェーンは、彼女のオペを行うが……。一方、ベイリーはオペの許可が出たものの、研究室にこもって誰とも口をきこうとせず。その頃、ナンシーとホテルに戻ったイーサンがERに運ばれてくる。睡眠不足だったため、ナンシーの睡眠薬を飲んだらしく……。

続きを読む >>

2013.12. 4|グレイズ・アナトミー9、ストーリーガイド|コメント(0)トラックバック(0)

11月27日(水) #21「疑惑のまなざし」

21ジャクソンの知らせで、病院へCDC(疾病管理センター)が調査にやって来る。そして、感染症で死亡した二人の患者からはMRSA(メチシリン耐性黄色ブドウ球菌)が検出される。ベイリーは3人目の感染症患者の容体を気にするが、アクセスできないようカルテはロックされ、ほかの医師たちと話すことも禁じられ……。一方、両親が事故でケガを負った少年イーサンの祖母が病院に到着。祖母は、いまだに意識が戻らない息子の様子に泣いてばかり。母親のレイチェルはかなり回復していたが、突然痙攣の発作を起こしてしまう。

続きを読む >>

2013.11.27|グレイズ・アナトミー9、ストーリーガイド|コメント(0)トラックバック(0)

11月20日(水) #20「無自覚な殺人者」

20遺伝子検査の結果、メレディスの認知症の遺伝子マーカーは複数陽性だったことが分かる。冷静を装いつつも動揺する彼女は、遺言書の書き換えが必要だと言い出し……。そんな中、内戦の最中であるシリアから二人の医師が研修に訪れる。現地で使える医療器具が極めて限られていることから、シアトルの医師たちは代用品を使った処置の方法を考えることに。一方、ベイリーとリアがオペをした患者たちが、次々と術後感染症にかかり……。

続きを読む >>

2013.11.20|グレイズ・アナトミー9、ストーリーガイド|コメント(0)トラックバック(0)

11月13日(水) #19「抗えない直感」

19各界の著名人が講演者としてスピーチするTED会議に登壇することになったカリー。その当日、ガソリンを積んだタンクローリーが高速道路で乗用車に衝突して玉突き事故が発生し、ERは大パニックとなる。当然、カリーも次々と運ばれてくるケガ人のオペに追われ、会議に出席できない事態に……。また、事故とは別に、ERには原因不明の高熱と発疹が出ている息子を連れてきている母親もいた。ジョーは咽頭炎と診断して薬を出すが……。

続きを読む >>

2013.11.13|グレイズ・アナトミー9、ストーリーガイド|コメント(0)トラックバック(0)

11月6日(水) #18「イタズラな時間」

18グレイ+スローン記念病院で、ついにERが再開。メレディスが担当した腹痛を訴える女性教師は、進行した胆嚢ガンで摘出不可能だと判明する。アリゾナはハイヒールが履ける新しい義足で出勤するが、時間が経つにつれ痛みに耐えられなくなり……。一方、アレックスはジョーを助手に、ガンで闘病中の少年を担当。ジョーに好意を抱く少年は、彼女がジェイソンと付き合っていることが気に入らず、いたずらを仕掛ける。

続きを読む >>

2013.11. 6|グレイズ・アナトミー9、ストーリーガイド|コメント(0)トラックバック(0)

10月30日(水) #17「命のバトン」

17デレク、メレディスらはさっそく会議を開き、今後の病院の経営方針を話し合う。ジャクソンは財団の意向としてER再開に待ったをかけ、さらに外科部長の交代を提案。ほかのメンバーは方針の押し付けに反発し、オーウェンも辞職すると言い出す。一方、この日は3件の移植手術が予定されていた。ところが、多数のスタッフが病院を辞めた上、オーウェンまで不在となり病院は大混乱。アレックスとクリスティーナのオペは、かち合ってしまい……。

続きを読む >>

2013.10.30|グレイズ・アナトミー9、ストーリーガイド|コメント(0)トラックバック(0)

10月23日(水) #16「最後のカード」

16_2デレク、メレディスら5人の突然の辞職宣言から1週間。5人はほかの仲間たちには内緒のまま、病院買収に向けて資金調達の道を探っていた。病院では不透明な先行きに不安をおぼえた看護師や技師たちが次々と辞めていき、ベイリーまで就職面接に出かけようとしている状況。その頃、5人はスタンの一押しの投資家、クレストの会社を訪ねていたが……。一方、ヘザーはアラナと病院の理事ロバータの会話を立ち聞きし、衝撃的な事実を知ることになる。

続きを読む >>

2013.10.23|グレイズ・アナトミー9、ストーリーガイド|コメント(0)トラックバック(0)